【Whois情報】お名前. comでドメイン習得後に、ちょっとだけ損をした話

0825onamae

唐突ですが「Whois情報」って、言葉を最近知りました。
そして、無知ゆえにちょっと損をしてしまいました。タチバナです。(⑅·‐·)

先日、自分の独自ドメインでブログを作る為に、超有名なドメイン登録サービス「お名前. com」で、ドメインを習得しました。
このドメインを習得するには、契約料がかかると言うことは知っていたのですが、「Whois情報」というものをよく知らないままに、ドメイン申請をしたら、後でちょっとだけ損をしてしまったので、来年の更新時に忘れないようにメモしておきます。

これから「お名前. com」やどこかでドメインを習得しようとしている方は、私のようにちょっとした損をしないようにしてくださいね…。

ドメイン登録サービス「お名前. com」とは

「お名前. com」は、GMOが運営している、ドメイン登録サービスです。
ここでは、インターネット上にサイトやブログを公開する際の住所(アドレス)となる文字列・ドメインを購入(契約)することができます。

onamae

販売された独自ドメインは、購入契約した人しか使用することができず、別の誰かが同じドメインを使用して、WEBサービスを作ることはできません。ドメインは検索(SEO)にも影響する…と噂のような真実のような話はたくさんありますが、自分の運営しているサイトの内容と関連づいたドメインを習得するのが一般的です。

ソシャゲのアフィリエイト界は、検索に強い文字列のドメインを習得出来るか否かで、サイト売上の命運が分かれるかもしれないので、必死になって誰よりも早く習得するわけです…。こわい

無難に「.com」を買いました。独自ドメインを習得するメリット

ドメインなんてどれも一緒、無料で十分…、とついこの間まで私も思っていました。
ですが、せっかくブログをするならアフェリエイトのグーグルアドセンス広告ぐらい貼りたいと思い、広告運用などの面を考えると独自のドメインを持っていたほうがいいと考え直し、独自ドメインでブログやサイトを運営するメリットを調べました。

どこの有名ブログを見てもだいたい書いてあることなので、さらっと箇条書きに。

  • オリジナルのURLでサイト運用、メールアドレスが持てる
  • サーバー移動やサービス終了の心配がない
  • SEOに強い(らしい)
  • アドセンス広告などが貼れる(審査に通れば)

大まかに見て、これくらいのメリットがありますが、デメリットを強いていうならば、

  • ドメインの維持費がかかる
  • 初期のうちはインデックスされにくい

ドメインの維持費は仕方ないですが、インデックスされにくいというのはどこまで本当かわかりにくいですよね…。独自ドメインはSEOに強いとされている事を信じるならば、記事を書き続ければきっと大丈夫…多分)
では、そろそろ本題の、ちょっと損した話に入ります。ドメインを契約した、そこまではよかったんです。

ドメイン習得時に「Whois情報代行」申し込みを忘れて損をした…

文字列を決めてドメイン契約料を払えば、これで一安心…というわけには行きませんでした。
ここで、浮かれて私がやってしまったことは「Whois情報代行」の申込みを、申請時に行わなかったこと…。

「Whois情報」とは、『このドメインは誰が所有していてどのサーバーで動いているのか、インターネット上に公開する』というものです。
これは、ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)、アイキャンと言われる、インターネット上のドメイン名・IPアドレス・プロトコルなどの管理を行う国際機関によって決められています。

ですので、どこでドメインを習得しても「Whois情報」として、ドメイン所有者は情報を開示しないといけないのですが、個人がドメインを習得した場合だと、名前や住所、電話番号等の個人が特定できてしまう情報が含まれてきます。

その個人のプライバシーを守るために、多くのドメイン販売サービスでは、本来公開される個人情報の代わりに販売会社や運営会社(お名前.comの場合はGMO)が代わりに表示されるようになり、間に挟まるような形で個人情報を保護しています
お名前.comでは、「Whois情報代行」という名称でしたが、この言葉がわかりやすいです。

お名前では、ドメイン申請時に申し込めば無料。後で申請すると有料に…

お名前.comでは、「Whois情報代行」を設定したい場合は、ドメインの申請時に一緒に申し込みをすれば無料で設定して貰えるのですが、
後で申請しようとしたら、有料になってしまいます。
いいですか?『ドメイン申請時に一緒に申し込まないと有料になります!!』

住所や名前の個人情報が出ても問題ない場合には、設定は不要なのですが、私のように個人で始めたばかりの方は検索しなければ見られない情報とは言え、インターネット上に所在が特定できる情報が大公開されているのは、ちょっと怖いですよね。

他のドメイン習得サービスの場合は、元から無料だったり費用に含まれている等、設定方法は様々のようですが、私はこれを後にしてしまったばかりに、「Whois情報代行」の契約料を別途支払ってきました…。赤字です赤字。税込み1050円位です。
駆け出しにはこれでも唇を噛む悔しさ…。

きちんと調べてから購入しようお名前ドメイン

最初に知っておけばこんなことには…、と過ぎたことはもう仕方ないので、これはもうブログを書きまくって、アドセンス広告の審査に通るように頑張るしかないですね。

これから「お名前. com」でドメインを習得しようとしている、ブログビギナーさんはぜひドメインと一緒に申請をするのを忘れないように…!
ドメインもWhois情報代行も一年の契約なので、それまでに契約料をいくら取り戻せるのかな…?
それでは!(⑅·‐·)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です