【バンケツ攻略】チュートリアル・初心者向けの序盤の進め方

バンケツ序盤攻略

最初のログインからアカウント確保から、チュートリアル・最初のガチャ、序盤の大まかな進め方の流れを紹介しています!
あくまでも、最初の流れの参考に程度に留めておいて頂けると幸いです。
※チュートリアルのネタバレを含みます。閲覧は自己責任でおねがいします!

Contents

インストール(ログイン)から、チュートリアルの進め方

ここはPC版でのゲーム開始方法を記載しています。
スマーフォン版からは、各アプリストアからDLで始めることが出来ます。

【PC版】
①まずはDMMにログイン(会員登録)します。
ゲームTOP、又はマイページ→マイゲーム欄にある「一血卍傑」をクリックしてゲーム開始を選択します!
推奨されるブラウザは、「Google Chrome(64bit)」「mozilla」「Firefox」などです。
詳細は、動作環境を公式HPやTwitterからチェックしてみてください。
特にブラウザにこだわりが無ければ「googleChrome(64bit)」がいいかと思います。

②接続中は、無理にクリックしたり、サーバーに負荷がかかってしまう行為はできる限り避けていきましょう!
ゲームが始まればログインは完了です。
リリース初期よりひどくありませんが、初期データの読み込みには時間がかかるのでなるべく電波の良いところでのプレイをオススメします。

チュートリアル・最初の産魂まで

チュートリアルでは第一章のプロローグから、最初の産魂、施設のチュートリアルをレクチャーされます。
大まかな流れを紹介しています。

最初の産魂は桜代「タケミカヅチ」

チュートリアル中にできる一回目の産魂(ガチャ)は、
親に誰を選んでも『桜代・タケミカヅチ(神・剣士)固定』です!
好きな英傑を選びましょう!(親の変化で変わるのは、秘術・刻印になります)

タケミカヅチ産魂

●2回目は、金英傑確定のランダムの産魂となります

神代八傑同士の産魂となり、産魂できるキャラクターは金背景のレア英傑のみとなります。
※2016/11/24追記:現在この部分の産魂で生まれたキャラクターは引き直しが可能になっています。
(SP版にて確認、PC版は基本的にリセマラには向いていません)

排出英傑は、すべて桜代の英傑になり、チュートリアル後も鶺鴒台で入手することが可能です。

バンケツチュートリアルガチャ

【チュートリアル産魂英傑一覧】

  • アシヤドウマン(星詠み)
  • アマクサシロウ(星詠み)
  • イバラキドウジ(侍)
  • オモイカネ(天将)
  • カグヤヒメ(天将)
  • ククリヒメ(巫覡)
  • チョクボロン(楽士)
  • ナリヒラ(楽士)
  • ネンアミジオン(剣士)
  • ハンニャ(鬼人)
  • ヤマビコ(忍)

●チュートリアルの2回目の産魂は誰がオススメ?

上記の英傑はチュートリアル終了後に鶺鴒台から入手可能なキャラクターになっています。
(金背景英傑の中でも、初期から実装されており比較的入手しやすい)
特に英傑にこだわりがなく、今後の本編討伐攻略を有利に進めたい場合は、あえてオススメを挙げるなら、
「ヤマビコ(忍)」をピックアップします。

ヤマビコ

兵種が「忍」のヤマビコは攻撃順が早く、編成列全体の攻撃順を上げることができます。
序盤から育成しておけば、後期のレべリングの引率にも活躍できます。

ただ、チュートリアル終了後に、灯明等を使って多くの英傑を入手することになるので、
このキャラクターじゃないとダメ!ということは全くありません。自分の好みの英傑を選んだほうが幸せです。
私は、アシヤドウマン(星詠み)で始めました。

バンケツはどちらかというと、リセマラをするよりも全体的にキャラをまんべんなく集め、
早めに本編を攻略・高難易度の討伐にでれるようにする方が、祭事やエンドコンテンツの「久遠城」を早く攻略できます。
高レアに序盤から絞ると、後々ちょっと積むかもしれません。(でも高レアはたくさんいたほうがいい……)

序盤で失敗しない鶺鴒台(ガチャ)の回し方、レアリティ、灯明について

新しい英傑を入手するために、すぐに鶺鴒台(ガチャ)を回したいと思いますが、
バンケツで効率よく鶺鴒台を回すために知っておきたいポイントを紹介します。
課金アイテムである「御統丸」を通常960個で1回回すことができますが、24時間に1回無料(一日一回)で回すことができます。

鶺鴒台は「灯明」を使ってまとめて回すのが鉄則

鶺鴒台には、レアな英傑が通常よりも生まれやすくなる「灯明」と呼ばれるブーストアイテムがあります。
序盤では、英傑がたくさん欲しくなると思いますが、効率よくレアリティの高い英傑を入手するなら、灯明を使ってまとめて回すのがオススメです。

※灯明は基本的に「課金購入」ができないアイテムです。
ログインボーナスや期間限定配布、祭事報酬で入手することがほとんどです。

金灯明(銀灯明):使用すると15分間、優秀・レアな英傑が生まれやすくなるアイテム。
虹灯明:使用すると20分間、虹英傑(八傑・虹レア・黒レア)が産まれやすくなるアイテム。
特別虹灯明:使用すると20分間、八傑を除く「虹レア・黒レア」が産まれやすくなるアイテム。
黒灯明:使用すると20分間、黒英傑が産まれやすくなるアイテム。

よく登場する灯明は上記ですが、祭事や期間限定配布によって、効果が異なる灯明が配られることもあるので、
使用前に注意書きを読んでおくことをオススメします。

鶺鴒台での「灯明」と「霊符」の使い方

鶺鴒台で灯明、または霊符を使うには「道具画面から使う」または「鶺鴒台の画面で選択して使用する」のどちらかです。
灯明は、道具から使用するか、鶺鴒台画面の「+」ボタンから使用します。「霊符」は鶺鴒台画面の「+」から使用します。
基本は、鶺鴒台の画面から使用したほうが、ミスがないのでオススメです。

★霊符とは?
鶺鴒台で使用できる産魂用のアイテムで、指定された英傑が必ず生まれるアイテムです。
英傑が指定されているものから、決められたラインナップから誰かがランダムで生まれるものなど、種類がいくつか存在します。
生まれる英傑のラインナップは、「遊戯方法」でチェックしましょう。

赤金・青金とは?英傑のレア度とレア演出について

英傑にはレアリティがあり、大きく分けて、銀・金・虹・黒の3つのレアリティに分かれています。
(※4/28のメンテナンスより、新レアリティ「黒」が登場しました)
主なレアリティの確認の仕方は、英傑一覧や目録、産魂英傑一覧にて確認できます。

【赤金と青金の違いは産魂時のセリフ演出】
主に目録の右側・下段に行くほどレアリティが高く、鶺鴒台での産魂確率が低く入手が難しいキャラクターになっています。
主に一番右端・右端寄りのキャラクターは「赤金」、その他金レア英傑は「青金」「普金」といわれることもあります。(正式名称ではありません)
その理由は産魂時のセリフが関係します。

鶺鴒台の産魂セリフが赤字・青字の違いについて

鶺鴒台での、産魂時の親同士の会話が、青字や赤字ででてくることがあります。
いわゆる色つきのセリフは、「レアキャラ確定演出」のようなもので、
特に赤字は確率が低く、八傑・目録の右端・下段寄りのレア英傑が生まれる可能性が高くなっています。
(例:赤字の場合は、銀レア・青金の英傑は生まれないが、青字からは、金レアすべて&八傑が生まれる可能性がある)
あくまでも、色付きのセリフの方がレア英傑が確定されている演出効果というだけで、
黒字からはすべてのレアリティの英傑が生まれる可能性があります。

セリフの色について
黒字:すべての英傑が生まれる
青字:金背景レアすべて・八傑
赤字:金背景レア(目録右端・下段)・八傑

●鶺鴒台はどっちから回していく?

新しい英傑を生みだすことができる「鶺鴒台」は、神代と桜代の2種類に分かれています。
基本的にどちらから回してもOKですが、桜代鶺鴒台は、神代から生まれた英傑を元に組み合わせて、産魂していくので、
ある程度先に神代鶺鴒台で「桜代」のキャラクターから揃えていくのが、後半のことを考えるとオススメできます。

産魂に慣れてきたら、英傑の刻印と秘術も意識しながら、産魂していくこともできます。
英傑には、いろいろなステータスがあるので、序盤では分かりにくいですが後々わかってくるようになるので、
まずは、基本情報をチュートリアルで押さえていきましょう!

初心者向けの序盤の攻略ポイント「討伐・戦術・遠征など」

チュートリアル終了後も、新しい要素が解放された際には、チュートリアル解説が入ります。
最初に押さえておきたいポイントを紹介していきます!

討伐関連・初期の進め方について

まずは本編討伐を進めて、基本の施設を整えましょう
まずは、チュートリアルで貰える英傑も含めて、本編を進行しましょう!
第一章は、後々つかう基本施設の解放になるので、まずは本編討伐を進行していきましょう!

●戦術所で、「体力の少ない相手から狙え」の戦術を入手しよう!

「社」の項目から行ける「戦術所」から討伐のオートバトルの戦闘方法決める「戦術」を入手しましょう!
戦術所のレベルを上げると、戦術を獲得するのに必要な「戦術点」を得ることができます。この戦術点を消費して、戦術を入手しましょう!
序盤は「体力の少ない相手を狙え」を入手しておくのがおすすめです!

●第1章のクリアで、「遠征」ができるように!まずはここまで進めよう!

第1章をクリアで、「遠征」が解放されます!
遠征は卍材の調達のほかに、稀に英傑を連れて帰ってくることがあります。討伐中にキャラのドロップはないので、
ここで新しい英傑が入手できるチャンスでもあるので、まずはここまで進めて行きましょう。

●魂が0になってもキャラクターはロストしない!

英傑が出撃するために必要な「魂」はもし戦闘中に0になっても、キャラクターそのものが消失(ロスト)されることはありません。
ただし、戦闘を離脱し、その討伐中は復活できなくなるので、残数が少なくなってきたら、霊廟でやすませましょう!
HPと違って、霊廟以外では魂の回復はできません。

▽魂が0になると戦闘不能カットインが入ります。
初見はビビリますがロストはしないので大丈夫です。

●部隊数を増やすには「戦術所」から!

遠征が解放できたら、遠征部隊を編成するため部隊枠を拡張しましょう!
編成部隊を増やすには、社の「戦術所」からおこないます。序盤のうちは3~4編成位あると、回しやすくなります。
特別任務にて「討伐を1000回完了する」を達成すると、編成部隊を増やすことができるアイテム「編成指揮書」を入手できます。

●遠征で持ち帰ってきた英傑の刻印と秘術は固定!

遠征で持ち帰ってきた英傑は、決まった刻印と秘術を持っており、英傑ごとに固定となります。
英傑の中には、鶺鴒台から入手できない刻印や秘術を持っている英傑もいるので、遠征で持ち帰った新しい英傑がいる場合は、ぜひ一度詳細画面でチェックしてみてくださいね。
遠征で入手できない英傑もいます。

●本編討伐で入手できる「極秘製法書」を集めて、装備・装飾品を作れるようにしよう

本編討伐では「黒箱」から、「極秘製法書」が入手できます。
錬金堂は、英傑に装備できる「武器」「装備」「装飾品」の制作が出来る施設で、施設レベルアップで制作できる装備の種類を増やすことが出来ますが、「装飾品」と「陰陽属性の武器・防具」は、本編討伐でしか入手できません。
そのため、序盤では討伐を進めながら「極秘製法書」の入手も行なっていきましょう!

●レベリングには「修験界」と「育成キャンペーン」で集中的に

バンケツでは、約一ヶ月に一回のペースで「育成キャンペーン」が行われます。
レベリング専用の討伐「修験界」では、経験値を浴びるほど習得できるので、キャンペーンを有効活用しましょう。

修験界を開放するには「修験界手形」という、開放アイテムが必要になります。
修験界手形は、「修験界の道標」の育成キャンペーン中の討伐、課金ボーナス、祭事報酬などで入手できます。

修験界と手形のグレードについて

修験界にはグレードがあり、グレードによって習得できる経験値量と敵の強さが異なるので、注意が必要です。

修験界(茶):もっとも低グレードの修験界。1討伐の経験値は15000。討伐に難易度が分かれており、敵のレベルが高めです。
修験界・剛(緑):中グレードの修験界。通常よりも周回しやすく、経験値は30000。
修験界・極(紫):もっともお得な修験界。敵レベル25固定、入手経験値は50000。
虹レベルになるとこの討伐でないとまともにレベリングできなくなります。敵テングが一番よしよししてくれるステージ。

日替わり討伐・週次任務を達成しよう!

メニュー画面の「任務」の項目で、条件を達成すると報酬も貰える各種任務をこなしていきましょう!
日次(デイリー)、週次(ウィークリー)、特別任務(全期間達成型)の項目にわかれています。
日次任務はもちろん、卍材や御統珠が定期的に貰える週次任務は特にわすれないようにこなしていきましょう!(毎週金曜日0:00でリセット)

一日一回限定「日替わり討伐」では「英傑経験値」「界貨」「戦貨」が多く貰える!

討伐の「祭事」のタブには、一日一回挑戦できる「日替わり討伐」というものがあります。
これは、通常の討伐と違い、「英傑経験値」「界貨」「戦貨」のうちどれか一つを討伐完了で多く習得することができます。
週次任務では、この日替わり討伐を7日分すべて完了すると「御統珠×700」を習得できるので、わすれないように毎日、挑戦しましょう!

英傑の覚醒・上限突破についてと準備

一部の英傑はさらなるステータスアップの方法として「覚醒」または「上限突破」ができます。
主に「覚醒」は金・銀英傑が対象、「上限突破」は現在神代八傑に該当する英傑のみが対象です。
またすべての英傑が「覚醒」できるわけではなく、対象の英傑は順次追加されていきます。

特に八傑の「上限突破」はかなり強力なので、すぐに手に入れたい気持ちになりますが、
条件突破の条件は多少ハードルが高いので、序盤から上限突破を意識しすぎると祭事や本編クリアがつらくなる可能性があります。
祭事や本編をクリアして、戦力を確保しながら準備を進めていきましょう。

英傑の覚醒条件と必要レベルについて

上限突破には、同じ「英傑」か専用の突破アイテムが必要

[初回記事作成日:2016/8/4]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です