タイピングスピードを爆速に!「google日本語入力」の設定方法といいところ

google日本語入力

カチャカチャカチャカチャ……コトンッ(エンター
軽快でスマートなタイピングで、スラスラ〜と文章を書いている人を見ると、惚れ惚れしてしまいす。

タイピングが上手な人は、さぞかしブラインドタッチが上手なんだろう……。
そう考えて、タイピングスピードアップに挑戦しようと、日夜食べられない寿司をせっせと打っている方も多いかもしれません。

でも、ブラインドタッチの上達なんて、待ってられない!という方も多いと思います。
執筆スピードを格段に上げてくれた「Google日本語入力」を入れてみませんか?

ブラインドタッチやタイピングのスピードに自信がなくても、
スムーズに文章が作れる秘密を紹介します!

タイピング練習の前に「google日本語入力」で変換力をあげる!

google日本語入力は、googleが提供している日本語入力ソフトウェアです。

いやいや、変換機能はどのパソコンにも標準で入っているでしょ?
標準の首都で十分やん、と侮るなかれ。

Google日本語入力は、Googleの検索データベースを元に、
よく検索されている用語や、最近話題になっている日本語ワードをどんどんと学習しています。
変換候補を瞬時に叩き出してくれる『保管能力がとても高い』ことが特徴です。

特に自分で改めて調教しなくても、ある程度のことなら設定不要でやってくれるので、
導入してすぐに効果を実感できるのもいいいところです。

macでもWindowsでも使えるからストレスがない

グーグル日本語入力は、インターネットからダウンロードして使用するソフトウェアなので、macOSでもWindowsでもどちらでも使用することができます。

つまり職場と自宅で使うパソコンやOSが違っても、同じソフトウェアを使うことができます。
できるだけ同じ環境で仕事ができるというのは、実はたくさん仕事をする方には大切なこと。

場所や道具によって使い方や仕様がバラバラだと、頭が動きを切り替えることに能力を使っていて、無意識にストレスがかかっています。
この無意識なストレスも毎日、数ヶ月も続くと慣れてはいくものの、少しでもストレスを減らしたほうが快適ではありますよね。

記号や英字の入力が便利!入力変換の手間が省ける

ライターさんや日本語をよく入力している方には地味に便利なのは、
日本語で入力していても英語の変換が出ること。

わざわざ、英単語の入力のために英字に切り替える必要がないので、
日本語入力でなんとかしたい!という方にはオススメです。
一気に変換で出せるほうが私は、個人的に楽だなあと感じます。

Google日本語入力のダウンロード方法

Google日本語入力はダウンロードタイプのソフトですが、導入は簡単にできます。
申し訳無いですが、ここではMacOSの場合を参考に紹介しています。
Windowsの方も大きく手順は変わらないはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、「Google日本語入力」(https://www.google.co.jp/ime/)の公式サイトにアクセスします。
自分の使っているパソコンのOSにあったものをダウンロードします。

google日本語入力

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールします。
画面の案内に従って順番に進めていきましょう。パスワー入力が求められるのでここもご注意を。

google日本語入力

インストール完了の画面が出てきたらOKです。
数分で完了すると思います。

google日本語入力

デフォルトの変換機能に設定します。
右上にある文字入力のアイコンをクリックして「環境設定」を開きます。
ここで、「Google日本語入力」の項目を設定します。

google日本語入力

そのほか、細かい設定もここでできますが、最初はデフォルトでも問題ありません。
逆に変換する必要が無いもののチェックを外していくと、変換候補を減らすこともできます。

個人的には、「」にチェックを入れておくのがオススメです。

「グーグル日本語入力」と合わせて使いたいオススメソフト

グーグル日本語入力だけでも、執筆スピードを上げることができますが、合わせて使いたい便利なフリーソフトも紹介します。

Macユーザーなので、Windowsでは使えないソフトもありますが、
よかったら参考程度に似たような機能があるアプリを探してみてくださいね。

Clipy:コピペ効率化!よく使う単語はスニペット登録で入力が爆速に!

clipy

公式サイトはこちら!
https://clipy-app.com/

文章作成以外でも、とても役に立つコピペアプリです。
通常なら、一つ前にコピーしたものしか貼り付けることができませんが、
過去数回のコピー記録を呼び出してくれます。

コピペを多用することが多いので、とても助かっています!

また、よく使う単語は「スニペット登録」で、辞書登録のように使うことができるので、
メールアドレスやタグなどを登録しておくと、変換やコピーする文字列を探す手間が大いに省けると思います。

いかがでしたでしょうか?
すでに使っている方が多い変換ソフトなので、改めて紹介するほどでもなかったかもしれませんが、自分に合わせてカスタマイズできる部分が多く、無料で使えるのにとても便利なソフトです。

またライティングに便利な設定が分かれば追加で紹介していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です